夜勤中の疲労を軽減する睡眠術とは?

夜勤をしている方で、身体は疲れているのになかなか寝付けないという悩みを抱えていませんか?

昼夜逆転の生活リズムは人間本来のサイクルとは異なるため、なかなか寝付けず、どうしても疲れが取れにくいものです。

また、太陽光や外の騒音、インターホンの音、家族の世話など、外的要因が睡眠を妨げる要素になっている方もいるでしょう。

そういう私自身、かつて名古屋の製造メーカー勤務時代に夜勤を経験しており、同じ悩みを抱えていた一人なのです。
参考:睡眠改善専門パーソナルトレーナー 服部拓也のプロフィール

そこで今回は、夜勤でも深く眠れ、疲れを取るおすすめの睡眠習慣を紹介します。

記事の目次

1.おすすめ習慣①:アイマスクを使う

2.おすすめ習慣②入浴後にゆったりしたストレッチを行う

3.おすすめ習慣③:就寝時はアイマスクを着用する

4.まとめ

おすすめ習慣①:入浴後〜就寝前の間でストレッチ&マッサージを行う

スムーズな入眠のためには、体温の上昇→下降というリズムを作ることが大切です。

通常、人間本来の朝型の生活リズムであれば、活動している日中に体温が上昇、

入眠する夜にかけて体温が下降するリズムが自然とできています。

一方、夜勤の場合は本来入眠するために体温が低い時に活動し、体温が高く活動すべき日中に眠らなければなりません。

このリズムにどうしても逆らわざるを得ないことが、夜勤中の寝付きを悪くしているのです。

しかし、まずは寝る前に湯船に浸かることで、一旦は体温を意図的に上昇させ、その後自然と体温が下がる状態を作ることができます。

そしてその後に、ゆったりしたストレッチとマッサージを行いましょう。

この流れで身体をリラックスモードに導き、熟睡モードへと促します。

入浴とストレッチ、マッサージで身体をリラックスさせること。

まずはこれを行いましょう。

オススメマッサージ

オススメストレッチ

おすすめ習慣②:就寝前に深呼吸を行う

ストレッチを行う際、深呼吸も同時に行いましょう。

深呼吸はリラックスさせる神経である副交感神経を優位にし、ストレッチやマッサージ同様に快眠モードへと導きます。

秒数としては、5秒吸って10秒吐く。

5セットほど続けていると、眠気が襲ってくるでしょう。

そのままコロッと寝てしまって大丈夫です。

おすすめ習慣③:就寝時はアイマスクを着用する

日中に寝ようとしても、太陽光が眩しくて寝れないという方もいるでしょう。

そこでオススメなので、アイマスクです。

遮光カーテンでも悪くありませんが、アイマスクの良いところは目元が少しなりとも温かくなるため、これがより快眠モードに近づくことです。

光に敏感な方は、ぜひ活用してください。

まとめ

夜勤でもぐっすり眠り、疲れを取るための習慣を紹介しました。

とても手軽で簡単ですが、これだけでも睡眠が大きく改善される方も多いです。

今日から実践すれば、次の目覚めがすごく楽になっているでしょう。

ぜひ、実践してください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP