夜勤中の「眠い」を改善する方法とは!?

夜勤従事者にとって特に大きな悩みが「寝ても寝てもまだ眠い」ということではないでしょうか?

夜勤は本来寝るはずの時間に起きているため、どうしても眠くなってしまいますね。

夜勤中はどうしても睡眠の質が下がってしまいますが、自身の取り組みにより今より改善することは十分可能です。

今回は、夜勤中の「眠い」を改善する方法を紹介します。

夜勤中の「眠い」を改善する方法

①勤務前にコンビニに行く

強い光を浴びることで、脳が「活動する時間だ!」という認知をします。

通常であれば夜のコンビニは睡眠の質を下げるため、オススメはしていません。

ただ、これから夜勤の時は、逆にコンビニの強い光を味方にしてしまいましょう。

昼勤の時と違って太陽光を浴びることが難しいため、これをコンビニの明るさで補うのです。

一方、帰宅する際はコンビニの光や太陽光をなるべく避けましょう。

帰宅する際はサングラスを常備し、少しでも太陽光やコンビニなどの強い光を回避することをオススメします。

②夜勤中に仮眠を取る

職場の環境にも左右されますが、可能であれば夜勤の休憩中になるべく仮眠を取ることをオススメします。

仮眠を取ることで少しでも本来の生活リズムに近づくことができ、疲れが取れやすくなります。

ただ、仮眠直後は一時的に眠気が強くなるため、仕事中のミスや事故に注意してください。

まとめ

夜勤中の眠気を改善する方法を紹介しました。

出勤前の強い光と休憩中の仮眠を取ることで、少しでもリズムを整えましょう。

ただ、(夜勤中の場合は)昼間にぐっすり眠り、疲れを取ることが大前提です。

リズムを整えてぐっすり眠れるようにし、それでも夜勤中の眠気がある場合は仮眠を上手に取り入れましょう。

本来は眠っているはずの時間に活動している夜勤。

昼勤に比べて眠くなりやすいのは、どうしてもあるでしょう。

この記事を参考にし、少しでも改善に取り組んでください。

また、LINE@では、今日からできる睡眠の質を改善する動画を限定配信しております。

睡眠に悩みがある方、夜勤をしていて寝れないことに悩んでいる方は、ぜひ友達になってください(^^)

友だち追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP